介護のお仕事(介護保険サービス)のご紹介

介護のお仕事は、主に次のようなものがあります。

  • 入浴・排せつ・食事などの介助や、調理・洗濯・掃除といった身の回りのお世話をします。
  • 介護が必要な方や家族の相談、介護サービスの利用計画(ケアプラン)の作成を行います。
  • 生活機能の維持や向上を目指し、レクリエーションやリハビリテーションを行います。

介護の現場では、色々な資格を持った方がそれぞれの分野で活躍しています。
介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネジャー)、社会福祉士、医師、看護師、歯科衛生士、管理栄養士、調理師、作業療法士、理学療法士、薬剤師、
言語聴覚士 など

 

介護保険のサービスは、大きく分けると次のようなものがあります。

介護の相談・ケアプランの作成を行うサービス

居宅介護支援

居宅介護支援は、介護支援専門員(ケアマネジャー)が在宅の要介護者に提供するケアマネジメントです。利用者が介護保険や保健医療・福祉のサービスなどを適切に利用ができるように、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、この計画にもとづくサービス提供が確保されるようにサービスを提供する事業者との連絡調整などを行います。

介護予防支援

介護予防支援は、介護支援専門員(ケアマネジャー)が要支援者に提供する介護予防ケアマネジメントです。利用者が介護保険や保健医療・福祉のサービスなどを適切に利用ができるように、介護予防サービス計画(ケアプラン)を作成し、計画にもとづくサービス提供が確保されるようにサービスを提供する事業者との連絡調整などを行います。

自宅に訪問するサービス

介護が必要な方が、できるだけ自宅で自立した日常生活を送ることができるよう支援するものです。

訪問介護(ホームヘルプ)

訪問介護は、介護福祉士等の訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、入浴・排せつ・食事の介助、調理・洗濯・掃除などの必要な日常生活の世話を行うものです。

訪問入浴介護

訪問入浴介護は、利用者の自宅に入浴車などで訪問し、浴槽を提供して入浴の介助を行い、身体の清潔の保持、心身機能の維持などを図るものです。

訪問看護

訪問看護は、訪問看護ステーションや病院・診療所の看護師等が、利用者の自宅を訪問して療養上の世話や必要な診療の補助を行い、療養生活を支援し、心身の機能の維持回復、生活機能の維持や向上を目指すものです。

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションは、病院・診療所などの理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、利用者の自宅を訪問して、生活機能の維持や向上を目指し、理学療法・作業療法などの必要なリハビリテーションを行うものです。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護は、重度者をはじめとした利用者の自宅での生活を支えるために日中・夜間を通じて、訪問介護と訪問看護が連携しながら、定期巡回型の訪問と随時の対応を行うものです。

夜間対応型訪問介護

夜間対応型訪問介護は、夜間に定期的な巡回または随時に訪問介護員が自宅を訪問して、入浴・排せつ・食事の介助などの日常生活上の世話や緊急時の対応などを行い、夜間において安心して生活を送ることができるように援助するものです。

居宅療養管理指導

居宅療養管理指導は、医師・歯科医師・薬剤師等が通院困難な利用者に対し、心身の状況などを把握し、療養上の管理指導を行い療養生活の質の向上を図るものです。

施設に通い日帰りで行うサービス

介護が必要な方が、できるだけ自宅で自立した日常生活を送ることができるよう支援するものです。

通所介護(デイサービス)

通所介護は、生活機能の維持や向上を目指し、在宅の利用者に施設(利用定員19人以上※18人以下は地域密着型通所介護となります。)に通ってきてもらい(施設が送迎し)、入浴・排せつ・食事などの介助、生活等についての相談・助言、健康状態の確認などの日常の世話と機能訓練を提供するものです。

地域密着型通所介護

地域密着型通所介護は、生活機能の維持や向上を目指し、在宅の利用者に施設(利用定員18人以下※19人以上は通所介護となります。)に通ってきてもらい(施設が送迎し)、入浴・排せつ・食事などの介助、生活等についての相談・助言、健康状態の確認などの日常の世話と機能訓練を提供するものです。

通所リハビリテーション

通所リハビリテーションは、生活機能の維持や向上を目指し、介護老人保健施設や病院などが在宅の利用者に通ってきてもらい(施設が送迎し)、理学療法、作業療法などの必要なリハビリテーションを提供するものです。

認知症対応型通所介護

認知症対応型通所介護は、認知症の利用者が生活機能の維持や向上を目指し、施設に通ってきてもらい(施設が送迎し)、入浴・排せつ・食事などの介助、生活等についての相談・助言、健康状態の確認などの日常の世話と機能訓練を提供するものです。

短期間の宿泊を行うサービス

介護が必要な方が、できるだけ自宅で自立した日常生活を送ることができるよう支援するものです。

短期入所生活介護

短期入所生活介護は、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)等が、利用者を短期間入所させて、入浴や食事などの日常生活上の支援や機能訓練を提供するものです。

短期入所療養介護

短期入所療養介護は、介護老人保健施設等が、利用者を短期間入所させて、看護・医学的管理下の介護・機能訓練その他必要な医療と日常生活上の世話を行うものです。

施設等で生活するサービス

介護老人福祉施設

介護老人福祉施設は、原則要介護3以上の要介護者を対象とした定員が30人以上の特別養護老人ホームにおいて、入所者に対して、入浴・排せつ・食事などの介助その他日常生活上の世話、機能訓練、健康管理と療養上の世話を行うものです。

地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護

地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護は、原則要介護3以上の要介護者を対象とした定員が29人以下の特別養護老人ホームにおいて、入所者に対して、入浴・排せつ・食事などの介助その他日常生活上の世話、機能訓練、健康管理と療養上の世話を行うものです。

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、入所者に対し、看護、医学的管理下での介護、機能訓練などの必要な医療、日常生活上の世話を行うことを目的とし、在宅の生活への復帰を目指してサービスの提供を行う施設です。

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設とは、療養病床等を持つ、病院・診療所の介護保険適用部分に入院する利用者に対し、療養上の管理、看護、医学的管理下の介護等の世話、機能訓練等の必要な医療を行う施設です。

介護医療院

介護医療院は、介護療養型医療施設の「日常的な医学管理が必要な重介護者の受け入れ」や「看取り・ターミナル」などの機能を維持しつつ、長期の療養生活をするのにふさわしい「生活施設」の機能を兼ね備えた施設として2018年4月に創設された介護保険施設です。

特定施設入居者生活介護

特定施設入居者生活介護は、入居する利用者に対し、入浴・排せつ・食事などの介助その他日常生活上の世話、機能訓練・療養上の世話を行い、施設で能力に応じた自立した生活をできるようにするものです。
※特定施設とは、有料老人ホーム・養護老人ホーム・軽費老人ホームをいいます。

地域密着型特定施設入居者生活介護

地域密着型特定施設入居者生活介護は、入居する利用者が自立した日常生活を送ることができるよう、入居定員29人以下の有料老人ホームや軽費老人ホームなどで、食事や入浴などの日常生活上の支援や機能訓練などを行うものです。

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症対応型共同生活介護は、認知症の利用者に対して、共同生活住居で、家庭的な環境と地域住民との交流の下、入浴・排せつ・食事の介助などの日常生活上の世話と機能訓練を行い、自立した日常生活を送ることができるようにするものです。

訪問・通い・宿泊を組み合わせたサービス

小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護は、自宅で、またはサービスの拠点への通所や短期間の宿泊により、入浴・排せつ・食事の介助、調理・洗濯・掃除などの家事、生活相談・助言や健康相談の確認などの日常生活上の世話、機能訓練を行うものです。

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)は、医療ニーズの高い利用者に対応するため、小規模多機能型居宅介護のサービスに加え、必要に応じて訪問看護を提供するものです。

福祉用具を使用するサービス

福祉用具貸与

福祉用具貸与は、利用者ができるだけ自宅で自立した日常生活を送ることができるように、心身の状況や希望・環境を踏まえ、用具の選定の援助・取付け・調整などを行い、用具を貸与するものです。

特定福祉用具販売

特定福祉用具販売は、利用者ができるだけ自宅で自立した日常生活を送ることができるように、心身の状況や希望・環境を踏まえ、用具の選定の援助・取付け・調整などを行い、用具を販売するものです。